蒲郡市では、接種費用の一部助成を行っています。

<ロタウイルス感染症とは>
ロタウイルスは、乳幼児(とくに生後6か月から2歳)における急性胃腸炎の主な原因で、冬から春にかけて流行します。ウイルスは糞便を介して口から侵入し、2から4日の潜伏期間を経て、発熱、嘔吐、激しい下痢などの症状を引き起こします。また、脱水症状やけいれん、時には脳症などの重い合併症を起こすことがあります。

<ロタウイルスワクチンの効果と副反応>
■効果
ロタウイルスの病原性を弱めて作られた経口生ワクチンです。国内では2種類のワクチンが2011年から2012年に使用可能となり、2014年頃から国内の多くの地域でロタウイルス胃腸炎が減少とした報告されています。
■副反応
接種後にぐったりする、泣きと不機嫌を繰り返す、顔色が悪い、繰り返し起きる嘔吐、イチゴジャムのような血便、お腹が張るなどの腸重積症の症状が出現することがあります。症状が出現した場合は、すぐに医療機関へ受診しましょう。

<接種対象者と接種回数、助成費用>
 接種日において、蒲郡市に住民票がある方で、下記に該当される方が対象となります。
■1価ワクチン(ロタリックス)
〇対象年齢:生後6週0日から生後24週0日まで
〇接種回数:2回
〇助成費用:1回4,500円(2回まで)
■5価ワクチン(ロタテック)
〇対象年齢:生後6週0日から生後32週0日まで
〇接種回数:3回
〇1回3,000円(3回まで)
※副反応の腸重積症との関連から、1回目の接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。

<接種方法>
1 下記の医療機関へ予約をする
2 医療機関にある市の予診票を記入し、接種する
3 接種後、接種費用が上記の助成費用を引いた金額を医療機関へ支払う

<接種が受けられる医療機関>
※母子手帳をお持ちください。
1価ワクチン(ロタリックス)
・オレンジベルクリニック(0533-68-2311
・かとう小児科・内科クリニック(0533-95-8181
・蒲郡市民病院(0533-66-2200
・畑川クリニック(080-4300-1516
・マイファミリークリニック蒲郡(0533-67-2626
5価ワクチン(ロタテック)
・オレンジベルクリニック(0533-68-2311
・かとう小児科・内科クリニック(0533-95-8181
・畑川クリニック(080-4300-1516
・マイファミリークリニック蒲郡(0533-67-2626

<市外の医療機関で接種を希望される方へ>
 里帰り中、市外の医療機関がかかりつけ医など市外の医療機関で接種を希望される方は、以下の手続きが必要となります。御不明な点がありましたら保健センターへご連絡ください。
申請の流れ
1 市外の医療機関で接種する
2 接種後、医療機関へ接種費用を支払う
3 領収証をもらう(予防接種の種類と金額が明記されているもの)
4 保健センターへ母子手帳、領収証、通帳、印鑑を持参し、申請する
5 後日、通帳に接種費用のうち助成費用分が振り込まる


問い合わせ先:健康推進課(保健センター)0533-67-1151